記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨竜沼湿原と南暑寒岳に行ってきたよ!

8月24日 天気よし
この日は3女夫婦とともに雨竜沼湿原&南暑寒岳へ
朝5:10に滝川を出て、登山口へ向かう
60分くらいかかって、ダートを抜け・・・・キツネやエゾシカ、タヌキ、エゾリスが道を横切る
野生動物のお出迎え
あと、足りないのはあれじゃない?クマ~~♪
久しぶりの登山でテンション上がりまくり、この時は楽しい冗談でしたけどね~~~

6:40 出発。いざ、湿原テラスまで。
2時間の標準タイム。
以前来た時にはすぐに息が上がったけど、今回は余裕だよね~?
休憩も短めで、あっという間に到着。
朝ごはんをここでいただく。
美しい景色にすっかり気持ちも和み、足にまだまだ余裕があるから、今日は南暑寒岳まで行けそうだよね!

湿原テラスで朝ごはん


と休んでいたところ、既に山から下りてくる人がいる。

60代~70代の女性2名。話をすると・・・

「熊の掘り返しがひどくて、あちこちに無数にあるの。」
「獣のにおいがして、10年登山をしているさすがの私でもちょっと怖くなって」
「今日は南暑寒岳はあきらめて帰るところなの」

H氏、「・・・・やめようか?」
H氏の妻「・・・」  (いざというときはHがエサ、その間に逃げよう)
自分「地元でも遊歩道を熊が歩いてるよー?匂いもそのとき感じた」
「熊の住処にわざわざ行くのだから仕方がない。鳴り物で、熊のほうから避けてくれるんじゃないの?」

三者三様の思いはあるが、せっかくここまで来たのに勿体ない。とりあえず、行けるところまで行ってみよう!

おばさんたちに挨拶し、湿原テラスを後にする。


青!限りなく青!すんばらしい景色


エゾリンドウ


広い湿原、どこまでも続く木道


エゾノサワアザミ

遊歩道をどんどん歩くと、辺りはすっかり秋の気配。蝦夷リンドウ、名を知らない秋の花々
天気が良くて青い空と青い塘路
気温もちょうどいいね

で、しばらく行くと
あったわ。こんなのが沢山!無数に!

熊の掘り返しが!あちこちに多数


でもそれほど新しいものではなさそう。
獣臭もしないし、

古いものと判断し、先に進むことに。

湿原展望台を通り抜けて、南暑寒に向かう。
ここが一番ひどかった。
登山道の両サイド、すべてが掘り返してある。
ここの熊は土木工事が得意なんだねぇ~、なんて無駄口をたたきつつ
背の高さ以上に笹が生い茂るの狭い登山道を1列になって登る。

最初は怖がりながら、ビビりながらの足取りだったけど

そもそも、凶暴な熊ならとっくに立ち入り禁止になっているはず
早朝と夕方を避けて、音を鳴らしていけば、向こうのほうで避けてくれるでしょ?
参考までに、私の住んでる田舎町での熊事情
親子連れの熊に追いかけられたとか、
爺さんが、クマにひっかかれて、騒ぎもせず、病院にもいかず、家で休んでいた。
熊の目撃情報を寄せられても対処に困る。だってこの町は、クマの住処に人間が住んでいるんだから。
熊はそこに入ものだよ?
母熊が小熊を連れているのでなければまぁ、大丈夫ではないか?
ここの熊は、人間が自分たちの住処にくるのを、排除しようとするタイプではなく、やり過ごそうというタイプのようだし
ウチの犬を散歩させていたら、急に歩かなくなって、どうも熊のにおいにビビったようで。秋田犬は平気な顔をしてたけど・・・

熊談議に盛り上がり。

ここは立ち枯れの木が多い。コアラの木とか、キリンの木とかあるらしいけど
これは?馬の木?

馬の木、ひひぃ~ん


展望台から南暑寒岳まで1.5時間

あたりがハイマツに変わる。
美味しそうなキノコ発見!

美味しそうなキノコ♪


松の根元に松茸でもないかと探したけど、国定公園なので、当然撮っちゃだめですよ。
写真だけでもと思ったけど残念、見つけられず。

こう配がついてきたところ、後ろを振り返ると・・・・・・

頂上までもう少し。笹薮が終わって景色が変わり、テンションUP!



わぁ!すごいね!ここを登ってきたんだね!
あ!あっちに海が見える。増毛?
もう少しだね!

着いたわよ!やったわね!



到着。達成感。天気もいいし、クマにも遭遇せず。
11:10くらい。

いつも浜益に海水浴に行く途中に見える黄金山。こんもりと甘食を伏せたような、独立した小さな山

南暑寒岳から、浜益の黄金山


暑寒別岳がこんなまじかでドーーン!と

暑寒別岳


増毛方面、海

増毛方面



暑寒別岳に向かう登山道

南暑寒岳への登山道、高配がきつくロープが張ってある


郡別岳

郡別岳


この日は買ったばかりのガスバーナーデビューの日。
朝におにぎりをたくさん作ってきたので、さほど空腹でもなかったんだけど、せっかくだから使いたい!
インスタントラーメンとコーヒーをいただいて・・・・・

山で食べると、やっすい袋ラーメンもごちそう♪

昼食後、12:15 帰路に就く

下りは写真を撮りながら・・・・

秋の気配、ススキに似た植物

ススキに似た植物。すっかり山は初秋


途中、ストックが何度も引っこ抜け・・・
所有者、逆切れ。それを黙って直す優しいご主人ww

途中、ゆっちゃんのストックが壊れて・・・


下りのほうが楽だし、早いよね!
熊の掘り返しにビビったけど、もうあちこち掘り返しだらけなので、慣れちゃったし、余裕よ。余裕。といいつつも
股関節と膝がそろそろ笑い出す予感

途中、湿原展望台で小休止する。

湿原展望台より


帰路、湿原展望台にて、膝、股関節に少々来てます


急な階段を下り、
湿原へ
秋の花満開

湿原に佇む女

モデルのように佇む


涼しい風が心地よい

涼風


ウリュウコウホネと糸トンボのつがい

ウリュウコウホネ?と糸トンボの夫婦


限りなく青に近い青空と沼

P8240076_R.jpg

8月24日、湿原は既に秋のたたずまい

P8240108_R.jpg


P8240088_R.jpg

帰りは再びテラスで。あと少し。エネルギー補給&機縁撮影

湿原テラスで帰路のエネルギー補給


走行距離18.5km 歩行時間、休憩含めて9時間
変化にとんだコースと、変わる風景。山、湿原、海、花 &熊の痕跡・・・・・・・

でもとっても楽しかった!
また来年、今度は7月に来ようね!

また来年も来ようね!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。